HOME > サービス > 公正価値評価(Valuation)

公正価値評価(Valuation業務)

IKPでは、様々な目的に応じて、金融商品及び非金融商品の評価を実施します。

財務諸表作成のための金融商品バリュエーション

財務諸表作成のための時価情報のご提供を目的として、各種金融商品のバリュエーションを実施します。

 

◆債権・売上債権評価

活発な市場がないことが一般的であるため、DCF法等により評価します。

 

◆債券・証券化商品評価

活発な市場が存在する場合には公表価格、活発な市場がない場合にはDCF法等により評価を実施します。

 

◆非上場株式の評価

非上場株式は、適切な評価技法を選択し時価評価を実施します。財務諸表作成目的である場合には、財務諸表利用者をミスリードしないことが目的であることから、合理的な見積方法を用いながら、決算業務の予算に合わせて評価を実施します。

 

◆ストック・オプション、スワップ等のデリバティブ評価

DCF法、ブラック・ショールズモデル、二項モデル、モンテカルロシミュレーションなど必要に応じて評価技法を選択し、評価を実施します。

M&A、トランザクション、新株予約権発行等のための各種評価サービス

M&Aやトランザクションのための各種評価サービスをご提供しております。

 

◆トランザクションの対象となる金融商品の時価情報

トランザクションの対象となる金融商品の時価評価を実施します。

 

◆M&Aにおける合併比率等の評価

M&Aにおける合併比率、株式交換比率などの比率計算を実施します。M&A時の株式時価だけでなく、種類株式や重要なデリバティブ取引など、企業価値算定のために必要な金融商品の評価も実施します

 

◆PPAのための無形資産の評価

企業結合会計基準が要求するPPAを達成するための無形資産の評価を実施します。

 

◆ストックオプション・新株予約権発行のための評価

ストック・オプション発行時のオプション評価や有償の新株予約権スキームを採用した場合の新株予約権発行のための評価などを実施します。発行条件等によってブラック・ショールズモデル、二項モデル、モンテカルロシミュレーションのいずれかにより評価を行います。なお、ストック・オプションの詳しい内容は、ストック・オプションをご覧ください。

税務のための各種評価

税務に関連する各種評価を実施します。

 

◆利害関係者間の非上場株式の売買に係る評価

オーナーと企業間の株式売買など、利害関係者間の株式の移動は税務リスクが高いため、税務リスクを回避するために専門家による公正な評価額を算定し、その範囲内で売買することが一般的です。税務目的のための公正な評価額を算出します。

 

◆営業譲渡等における事業の評価

営業譲渡等の場合、対象事業(ないし事業部)を評価する必要があります。営業譲渡の場合は、譲渡対象資産及び譲渡対象負債の時価のみを算定する場合もあります。

 

◆相続税のための非上場株式、その他金融商品の評価

相続税申告のための非上場株式の評価を、相続税及び相続税基本通達に基づいて算定します。相続税の代理申告も当法人にてお引き受けしております。なお、相続税・事業承継サービスの詳しい内容は、相続税・事業承継をご覧ください。

 

【評価に関する税務リスクの例】

寄付金税制
時価以下の売買では寄付金認定される可能性があります。
ストックオプション税制
基準株価の算定ミスにより、税制適格ストックオプションが否認される可能性があります。
相続税・贈与税
相続税・贈与税の調査で、過小評価により追徴課税される可能性があります。

IKPのバリュエーションサービスの特徴

◆金融ファイナンスを専門とする公認会計士によるサービス

金融ファイナンスをコアスキルにしている会計事務所だからこそ、高品質なバリュエーションが実施できます。

 

◆企業価値・各種商品のバリュエーションを実施してきた豊富な実績

企業価値・各種商品のバリュエーションを実施してきたので、評価目的に合った高品質なレポートをご提出できます。税務に精通している当社だから、会計目的だけでなく、税務リスクの回避を目的としたバリュエーションにも実施できます。

 

◆IKP独自開発の計算プログラムの利用

IKPでは、二項モデル及びモンテカルロシミュレーションの計算プログラムを独自開発しました。これによって外部システムの使用料の経費を圧縮でき、リーゾナブルな値段でサービスをご提供することができます。

※ただし、評価目的によっては、より高性能な外部システムを利用する場合があります。

 

◆金融商品会計(IFRS・日本基準)サービスと合わせた、会計サービス

金融商品会計サービスを合わせてご利用されることで、評価だけでなく、開示も合わせたトータルの金融商品サービスを受けることができます。

バリュエーション業務に関するQ&Aはこちら
バリュエーション業務に関するナレッジ情報はこちら
お問い合わせフォーム
※クリックするとメールソフトが起動し、メールが送信できます。

※なお、当社スタッフが不在の場合ご対応できない可能性もございます。
 不在の場合には、メールにてお問い合わせ頂けると誠にありがたく思います。
このページの先頭へ戻る